美容室の開業資金はいくらぐらい必要?

繁華街のビルにテナント入居し、20坪・5席の美容室を出店する際の必要な開業資金の例です。

おおざっぱな開業資金の例ですが、参考にしてください。この例では「設備工事費・什器備品費等」が内装工事費に相当します。920万円ほど必要になります。

 

(単位:千円)
項目 初期投資額
物件取得費 保証金(賃貸料10カ月分) 3,000
仲介料(賃貸料1カ月分) 300
小計 3,300
設備工事費・
什器備品費等
内装工事費 4,000
店内装飾 1,500
看板 800
給排水工事費等 1,000
空調設備 1,000
照明器具・配線工事 900
小計 9,200
開業費 印刷・DM等販促費 250
開業前人件費 200
開業前家賃 300
開店仕入(消耗品等) 400
その他 560
小計 1,710
総計 14,210

「J-Net 21 業種別スタートアップガイド」より

内装工事費などの開業資金について

内装工事費(表の設備工事費・什器備品費等)で、920万円と開業資金の65%程度を占めます。大きな額なので慎重に考え、複数の箇所から見積もりを取る必要があります。

美容室の開業で必要なお金についての基礎知識は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。


まずは、無料・匿名で、内装業者に相談することから始めてみませんか?

そして、良心的で適正な見積を出す内装業者からの提案を受けてみませんか?

詳しくは、資料請求をして下さい。

資料をお読みになり、スタッフや関係者などと、美容室の内装コンセプト等についてじっくりとお話をしてみて下さい。

美容室内装見積.comが、あなたの美容室の内装工事のサポートが出来ることを願っております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...