美容室開業で活用できる設備投資などへの助成金や補助金とは?

美容室を開業する時は、思った以上に様々な事に費用がかかるものです。その費用の一部として、美容室開業時にも、補助金や助成金を受給することが可能です。

融資と違い、助成金と補助金は、返済がいりません。助成金や補助金は、主に国や地方公共団体から支給されます。返済が不要のお金ですので、多いに開業時の資金として、活用したいものです。

ここでは、美容室開業の際に利用できる助成金や補助金について説明していきます。

助成金と補助金の共通点

助成金も補助金は返済がいりません。では、この二つにはどのような共通点があるのでしょうか?

先に述べた通り、いずれも返済が不要です。助成金も補助金も、後払いで、先にお金をもらうのではなく、事前に自分で資金を用意して購入したもののうち何割かを助成金として受け取ります。

例えば、300万円の設備投資を行ったとした場合、助成金や補助金で100万円を、後から受け取るという形です。

助成金と補助金の相違点

助成金は、一定の要件を満たしてさえいれば申請するとほぼ受けることができます。しかし、補助金は、申請した場合でも、必ずしも受けられるとは限りません。補助金の受給は難易度が高いと言えます。

もう一つの違いは、申請期間の違いです。助成金は随時、あるいは申請期間が長めなのに対して、補助金は募集期間が短い場合が多いのです。

また助成金は、不要ですが、補助金は事業に使ったことを証明する書類を整備する必要があります。

美容室開業に使える、助成金と補助金は?

では、美容室開業にあたり、使える助成金と補助金にどのようなものがあるかみていきましょう。

キャリアアップ助成金の正規雇用等転換コース

厚生労働省が発表した概要は下記の通りです。

「有期契約労働者の正規雇用等への転換、または派遣労働者の直接雇用化を行う事業主に対して助成するものであり、有期契約労働者等のより安定度の高い雇用形態への転換を通じたキャリアアップを目的とする」美容室を開業する際に、スタッフを採用する場合に、使える助成金です。

最初は最低6か月間、契約社員として採用したのちに正社員として採用した場合に給付されます。

創業促進補助金

美容室開業時に使用可能な補助金です。

補助率は2/3で、支給額は100万円~200万円の間です。公募内容は、変更される可能性がありますので、申請の期間、募集の内容をよく調べて応募しましょう。

美容室開業に使える、助成金と補助金の情報があるサイト

  • 中小企業庁
  • これから事業を起こそうとしている人向けの対策やサポートを行っています。補助金、融資の募集やサポートについての情報が多数掲載されています。

  • 厚生労働省 事業主の方のための雇用関係助成金
  • 厚生労働省で雇用関係の助成金(主に厚生労働省)を給付しています。美容室の開業時から従業員を採用することを検討している方にお勧めです。

美容室の開業にあたり、使える資金はできるだけ活用し、納得のいく店舗づくりをしたいものです。申請が面倒だからと、あきらめずにぜ助成金や補助金の申請にチャレンジしてみましょう。

当サイトを通じて、美容室の内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積りを受けることができます。

費用的に大きな割合を占める内装工事については、慎重に複数の業者を比較・検討して、自分の美容室開業に相応しい内装業者を選んでください。

あなたが本当に満足の出来る美容室が出来上がることを願っております。


詳細はこちらをクリック!


Tel:0120-56-7130

美容室開業 参考記事

美容室の開業するための基礎知識は、下記のページに書いてあります。クリックして、お読みください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ