美容室兼住宅(自宅兼美容室)のメリットとデメリットとは?

美容室兼住宅(自宅兼美容室)について、お話しします。

メリットとデメリット

美容室兼住宅(自宅兼美容室)のメリットとデメリットをあげます。

メリット

  • 両方を立てるよりも、建設費がやすくなる
  • 職場と住宅が近いので、通勤時間・費用がゼロになる
  • 近所の人をお客さんにしやすい

デメリット

  • 住宅と美容室の両方の立地条件を満たす場所が、すくない
  • もしくは、片方の立地条件に不利な土地に立てることになる
  • なんらかの事情で、美容室をやめた後の店舗利用が、むつかしい
  • 職場と住宅が近いので、常に、リラックスできない

メリットとデメリットを考える時に、考慮すべき事は「美容室の事業の70%は立地で決まる」と言われていることです。美容室兼住宅(自宅兼美容室)は、その美容室の立地の大きな制約になります。

そもそも、美容室ビジネスがうまくいかないと、美容室兼住宅(自宅兼美容室)のメリットの意味がなさないようになります。立地については、ご注意してください。

住宅ローンや融資について

美容室兼住宅(自宅兼美容室)の住宅ローン

美容室兼住宅(自宅兼美容室)では、店舗面積が半分以下であれば、土地区取得費用・建築費用を住宅ローンで組むことはできます。ただし、融資の対象は住宅部分に限られます。また、住宅減税も、住宅部分への融資に 限られます。

事業のための融資

店舗部分の建設費と内装・什器・運手金資金等は、事業用の融資を受けることができます。美容室開業のための融資については、こちら(美容室開業のための融資について)に、詳しく、書いてあります。ご参照ください。

なお、住宅ローンや融資については、専門家のアドバイスを必ず受けてください。

開業資金

賃貸料がいらないこと以外は、開業資金については、通常のテナントを借りる案件と違いはありません。通常の美容室と同じように考えて下さい。以下の記事 に、詳しく書いていますので、参考にしてください。

当サイト(美容室内装見積.com)で、 美容室の内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案・見積を受けることができます。 勿論、自宅兼美容室の物件についても対応いたします。

費用的に大きな割合を占める内装工事については、慎重に複数の業者を比較・検討 する必要があります。このサイトを活用して、自分の美容室にふさわしい内装業者を選んでください。

 本当に、満足のできる美容室が でき上がることを願っております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...