美容室の開業、個人事業主と法人のメリットとデメリット、経費・手続きなどで比較

美容室を開業して、経営していくにあたり、個人事業主として開業するか、法人として開業するか、選択に悩む所です。

ここでは美容室を、個人事業主として開業した場合、法人開業した場合、それぞれのメリットとデメリットを挙げていきます。どうぞ、あなたが目指す開業のスタイルの参考にしてください。

美容室を個人事業主として開業する際のメリット

  • 開業手続きが簡単です。個人事業主開業届けを管轄の国税局に提出することで、開業できます。
  • 税金の計算、申告も簡単なため自分で計算して提出ができます。
  • 個人事業主の場合、所得税を納付します。所得税は、所得に応じて税率が上がる累進課税のため、所得が低い期間は税率が低く、納付金が少なくて済みます。
  • 個人事業主の場合、交際費は全額経費として所得税の申告の際に計上できます。

美容室を個人事業主として開業する際のデメリット

  • 信用度が低いため、銀行からの融資が受けにくいことがあります。スタッフの採用時に不利になる場合もあります。
  • 規模が大きくなった場合、個人事業主の方が、法人より税金が高くなることもあります。
  • 赤字の繰り越しが3年までしかできません。
  • その他、個人事業主より、法人の方が税制上のメリットは多いと言えます。

美容室を法人として開業するメリットは?

  • 個人事業主より法人の方が、信用度が高くなります。法人の方が融資を受けやすくなることもあります。また、法人としか取引しないという業者との取引が可能になります。
  • 個人事業主より法人の方が、売り上げが上がり規模が大きく所得も大きくなったときに、税金が安くなる場合があります。
  • 赤字の繰り越しは9年まで可能です。
  • 個人事業主より、法人の方が経費として認められる範囲が広く、経営者への給与や保険料等も経費として認められます。

美容室を法人で開業するデメリットは?

  • 法人の設立にはたくさんの手続きが必要です。定款を作成して登記をしなくてはいけません。経費は最低でも20万円程度は必要です。
  • 法人決算書・申告が必要です。書類作成は税理士に依頼をする場合が多いです。
  • 赤字でも法人税の均等割7万円がかかります。

一般的には「規模が小さいときは個人事業主で、大きくなったら法人で。」と言われていますが、一概にそうとも言えません。美容室の開業時には税理士などの、専門的な知識を持った人に相談するのが良いでしょう。

当サイトを通じて、美容室の内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積りを受けることができます。

費用的に大きな割合を占める内装工事については、慎重に複数の業者を比較・検討して、自分の美容室開業に相応しい内装業者を選んでください。

あなたが本当に満足の出来る美容室が出来上がることを願っております。


詳細はこちらをクリック!


Tel:0120-56-7130

美容室開業 参考記事

美容室の開業するための基礎知識は、下記のページに書いてあります。クリックして、お読みください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ