融資申請のタイミングで注意すべきことは?

美容室開業のために、自己資金だけでは足りず、融資を受けようと考えている人は、どのタイミングで融資を受けるための申請を行うか、考える必要があります。タイミングを間違えると、融資が下りず、良い物件があっても開業ができないことがあるので注意が必要です。

ここでは、融資申請のタイミングについて、注意することをお知らせしていきます。

融資を申請してから下りるまでにどのくらいの時間がかかる?

融資は、国や自治体あるいは、金融機関に申請しますが、申請後に融資が下りるまでに早くても1カ月、遅いときには2か月以上かかる場合もあります。

融資が下りるまで待てずに契約を済ませてしまい、融資が下りなかった場合、開業ができず、しかも払ったお金も返って来ないというトラブルが発生してしまう事になりかねないので注意しましょう。

不動産契約をしなくては、融資が受けられない?

美容室開業のために融資を受けるには、物件契約を行った証拠となる書類の提出が必要な場合が多いのです。(地域によって異なります。)

しかし、融資が下りなかったら、資金が足りず開業できません。その場合、物件契約が無駄になってしまう事になるのです。

融資を受けるためにどうしたら良いのか?

融資が降りるのを待たず、本契約をするのではなく、不動産会社に、あらかじめ相談して、融資のために契約書を作成してもらいます。本契約は融資が降りてから行う事を不動産会社に約束するのです。

美容室を開業するなら、経営者としての意識を持とう

美容室の開業を考えているなら、物件を契約する前に、融資について、必要な情報を収集し、学んでおきましょう。美容室の開業には、美容師としてのスキルだけではなく、経営の勉強も必要です。お金に関しての面倒なことは苦手とする美容師さんも多いのですが、経営者になるのなら、避けて通れない道です。

難しい書類の作成があって申請が面倒という方は、会計士等の専門家に相談するのも一つの方法です。融資についてだけではなく、開業後の経営、経理についても、定額で相談に乗ってくれる所があります。

融資が下りないことで、せっかくの美容室開業の夢が断たれ、借金まで抱えるという事にならないように、申請のタイミングを見誤らないようにしましょう。

美容室開業 参考記事

美容室の開業するための基礎知識は、下記のページに書いてあります。クリックして、お読みください。

当サイト(美容室内装見積.com)で、 美容室の内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案・見積を受けることができます。 勿論、自宅兼美容室の物件についても対応いたします。

費用的に大きな割合を占める内装工事については、慎重に複数の業者を比較・検討 する必要があります。このサイトを活用して、自分の美容室にふさわしい内装業者を選んでください。

 本当に、満足のできる美容室ができ上がることを願っております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...