美容室を開業する時に、大変重要なポイントに、内装や外装はどのようにするかが、あります。

お店が入りにくい雰囲気だと、困りますし、内装に問題があると、居心地の悪いお店になってしまいます。費用も掛かり、一度工事を行うと、簡単に変えられない所なので、慎重に、しっかり考えて決めていってください。

ここでは、良い内装や外装にするコツについてお知らせしていきます。

内装や外装のデザインを決めていくコツは?

店舗の内装や外装は、どんなイメージにしたいのか、具体的にデザイナーに伝えないと、本当に自分の要望に沿った店舗に出来上がりません。

もし、どんな美容室にしたいのか、はっきりイメージできていないとしたら、インターネットや雑誌などで、色々な美容室の施行例を調査しましょう。イメージのみを取り入れたいのなら、海外の写真や雑誌なども集めてみるのも良いでしょう。気に入ったデザインがあったら、保存しておくのがコツです。「この外壁とドアの雰囲気が良い。」「照明が素敵。」など、どんどん集めていきましょう。集めていくうちに自分がどんなお店を作っていきたいのかが、明確になってきます。

内装の設計・施工業者を決める

どんなお店を作りたいのか決まってきたら、内装を依頼したいデザイナーを決めていきます。

自分の好みの雰囲気の写真画像などのファイリングを見せれば、自分のイメージを明確に伝えることが可能です。デザイン・設計・施工の業者は、テナント契約をするまでに決めておくと、融資申請に必要な事業計画書作成のための「内装工事費用見積書」を業者に作ってもらうことができ、融資申請の手続きがスムーズになります。

美容室内装見積.comでは、匿名で、お客様のご要望に沿った設計・施工業者を選定し、複数の業者から、「内装工事費用見積書」をお送りしております。設計や施工も請け負っている業者ですので、一つ一つの業者の調査をしたり、要望を何度も伝える必要がありません。

美容室開業前の、時間や労力の無駄を省き、より良い美容室開業の一助になるでしょう。

内装は居心地の良さを重視して

美容室の内装は、お店のコンセプトを反映させる事は大切です。

しかし、自分のこだわりが強すぎて、お客様が来店したときに、居心地の悪い内装になってしまったら元も子もありません。大切なのは、「お客様となるメインターゲットは?」「メインターゲットが居心地良く過ごせる、喜ばれる内装なのか?」です。デザインをしてくれる人にはしっかりこのコンセプトを伝えるようにするのがポイントです。

外装は入りやすさを重視するのがポイント

美容室の外装のデザインのポイントは、初来店のお客様が入りやすいかどうかです。

正面の入口部分は、特に注意が必要でしょう。店内の様子が見やすく、且つ、店内のお客様が見られたくない部分は上手に隠す事が要求されます。

内装や外装は、美容室にとって重要な部分です。あまり拘りを強く持ちすぎてお客様の気持ちを無視するようなデザインにならないように注意します。まずはいらして下さるお客様の気持ちに沿って、コンセプトを決めていくことをポイントに考えていいきましょう。

内装工事の基礎知識 関連記事

美容室の内装工事の基礎知識について、下記のページに書いてあります。クリックして、お読みください。

当サイトを通じて、美容室の内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積りを受けることができます。
費用的に大きな割合を占める内装工事については、慎重に複数の業者を比較・検討して、自分の美容室開業に相応しい内装業者を選んでください。

あなたが本当に満足の出来る美容室が出来上がることを願っております。


詳細はこちらをクリック!


Tel:0120-56-7130