美容室を開業して成功するには、良い物件を見つける事も重要です。ただし、良い物件とは、駅前の人通りの多い場所だけとは限りません。自分のコンセプトに合った美容室が作れる場所かどうかが大切なのです。

ここでは、美容室を開業するに当たり、物件探しを上手に行うコツをお知らせいたします。

美容室開業で、一番最初に考えることはコンセプト

どんなに人通りの多い場所でも、自分が作り上げたい美容室のコンセプトと合っていなければ、自分の美容室を開業する場所としてふさわしくありません。

どんな客層の人を考えているのか?何を売りにした美容室にするのか等、自分の明確なコンセプトがあってこその開業です。まずは自分がどんな美容室を作りたいのかを、しっかり考えて、場所を考えていきましょう。そのイメージに沿った、場所選び、物件探しをする必要があります。

人通りが多い駅前でも、夜は余り治安が良くない、住んでいる人の年齢層が、自分が考えている客層に合っていない等の場合は避ける方が良いでしょう。

駅前で美容室を開業しても上手くいかないもう一つの理由

自分が開業したい地域が決まったとしても駅前にある物件は人気があり家賃も高いと考えられます。そのため、美容室を開業するに当たり、家賃に見合った収入が見込めるのかを、しっかり検討する必要があります。支払えないほどの高額の家賃の場所を借りても、経営が上手くいきません。

人気がある場所だから、収入も見込めると見切り発車して借りるのではなく十分な調査を行いましょう。

美容室を廃業した、居ぬき物件には注意しよう

美容室の開業、失敗するパターンとは?のページでも挙げた通り、初期費用を安く上げようと、居ぬき物件を検討する時には細心の注意が必要です。

以前も同じ美容室があって廃業したという事は、何がしかの廃業するに至った理由があるという事なのです。以前の美容室の評判が良くない場合はそのイメージが付きまといます。また、廃業前の美容室を気に入っていたというお客様が、自分が開業したいと思っている美容室のコンセプトと合っていない場合、顧客になってくれるとは限りません。

確かに居ぬき物件は初期費用を抑えられますから、上手に利用したいものです。居ぬき物件を上手に活用するには、事前の綿密な調査が必要であることを覚えておきましょう。

美容室を開業する際にこだわりたい物件のポイントは?

では、だいたいの地域や開業したい場所も決まって、物件を実際に選ぶ際には、どのような点に気を付けて、見ていけば良いのでしょうか?物件を決めるに当たりチェックする点を詳しく見ていきましょう。

入りやすい場所かどうかをチェックする

物件を決めるときには、入りやすい場所かどうかを見る必要があります。回りにパチンコ店や、飲み屋など、自分がターゲットとする客層が入りにくい環境ではないかどうかをチェックします。テナントとしてビル等に入っている場合は、外からわかりにくい場所ではないか、などもチェックする必要があります。

大体の相場のチェックも忘れない

自分が出店したい地域の相場も調べる必要があります。相場より安い場合も高い場合も、それには理由があるのです。路面店、建物が新しいなどであれば、当然家賃は高くなります。逆に安いからと言って、すぐ飛びつくのは、やめて、なぜその物件が安いのか十分に調べましょう。

どんな地域のどんな環境の場所に美容室を開業するのかは、自分がどんな店を作り、どんなお客さまに来てほしいのかをまず考えてから決めるべきです。あわてて物件を契約せず慎重に選んでいくことが、物件探しのコツと心得ましょう。

美容室開業 参考記事

美容室の開業するための基礎知識は、下記のページに書いてあります。クリックして、お読みください。

当サイトを通じて、美容室の内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積りを受けることができます。
費用的に大きな割合を占める内装工事については、慎重に複数の業者を比較・検討して、自分の美容室開業に相応しい内装業者を選んでください。

あなたが本当に満足の出来る美容室が出来上がることを願っております。


詳細はこちらをクリック!


Tel:0120-56-7130