最近は、個人で美容室を開業するだけではなく、フランチャイズや、面貸しなど、様々な形態で美容室を開業できるようになっています。

ここでは、美容室を開業するにあたり、個人事業主と、フランチャイズ、面貸しにどのような特徴があるのか説明します。また、それぞれのメリットやデメリットを挙げていきます。

美容室を個人経営で開業する

個人経営とは、一から自分の思い通りにオリジナルのサロンを作る事です。美容室開業の中で最も多いのがこの個人経営での開業です。

個人経営は、美容室開業の初期費用のすべてを開業者が負担し、店舗を作っていきます。
自分の思っていた理想の美容室を開業できるのが最大のメリットですが、費用や責任も大きく、リスクも多々あります。

美容室をフランチャイズで開業する

美容室開業のフランチャイズには、今まで自分が働いていた美容室と契約を結び、のれん分けして、開業する方法とフランチャイズ契約を結ぶ二つの方法があります。どちらも、もともとの美容室のブランドやノウハウがある事がメリットで、ロイヤリティーが発生するのがデメリットです。

美容室ののれん分けとは

今まで働いていた大手美容室を本部として、契約を結び、のれん分けして開業する方法があります。元々の美容室のブランドやノウハウを使用して開業できるので、知名度、経営の方法などは、全くの個人経営よりも経営はやりやすいと言えます。しかし、初期投資は開業者持ちで、初期費用に関しては、個人経営と同じです。また、ブランドやノウハウを使用するため、もともとの美容室に対して、ロイヤリティーを支払う必要が生じます。

美容室のフランチャイズとは

一方、美容室のフランチャイズとは、今まで自分が働いていたのとは全く違う、外部の美容室と、契約を結び開業する方法です。フランチャイズも初期費用は開業者が負担しますが、経営ノウハウ等のバックアップはあります。

のれん分、フランチャイズ、どちらも初期費用やロイヤリティーのリスクはありますが、もともとの強いブランド名やノウハウがありますので、リスクは低めと言えます。

美容室を面貸しで開業する

最近、急増しているのが面貸しという開業の方法です。別名、ミラーレンタルとも呼ばれています。

面貸しとは、美容室側が鏡や椅子などの場所をフリーランスの美容師に貸し、賃料を美容師が、歩合や時間で、美容室に支払うシステムの事です。独立開業前に、店舗を構える資金や、経営について経験などが足りないと思う人でも、独立開業が可能です。最近では、店舗全体が面貸しの「シェアサロン」も増加してきました。

面貸しのメリットは、資金がそれほどなくても気軽に始められることや、自由に勤務時間設定ができることなど、完全出来高制などです。一方デメリットは、月によって収入が異なることや、自分でお客さんを呼ぶ努力が必要であることなどです。

美容室の独立開業の方法も、色々な選択肢が増えてきましたが、最終的には自分の理想の個人経営のサロンを作るのが夢という方も多いと思います。フランチャイズや、面貸しは、個人事業主として美容室を開業するためのファーストステップとして選択してみてはいかがでしょうか?

美容室開業 参考記事

美容室の開業するための基礎知識は、下記のページに書いてあります。クリックして、お読みください。

当サイトを通じて、美容室の内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積りを受けることができます。
費用的に大きな割合を占める内装工事については、慎重に複数の業者を比較・検討して、自分の美容室開業に相応しい内装業者を選んでください。

あなたが本当に満足の出来る美容室が出来上がることを願っております。


詳細はこちらをクリック!


Tel:0120-56-7130