美容室をオープンする前に、新聞に折り込みチラシを入れようと考えたとき、どんなチラシが効果的か、悩む所です。高額な費用をかけて、チラシを入れる効果が無いとなったら、費用が無駄になってしまいます。

ここでは美容室をオープンする際に、チラシをどうするかを考えていきたいと思います。

美容室のオープン時には、チラシの効果を考える

美容室のオープンに先駆けて新聞の折り込みチラシを配布しようとするのならば、事前にしっかり市場調査を行い、どのエリアにチラシを配るのかを吟味する必要があります。対費用効果が無いエリアにチラシを配布しても意味がありませんから、商業圏と思っても、道路や線路で隔たれいて、お客様が来にくいエリアがあれば、そのエリアの配布をやめるなどの工夫をしましょう。

いつチラシを配布すれば効果があるの?

チラシは、来てほしいターゲットになるお客様が見やすい曜日に配布する必要もあります。学生さんにたくさん来てほしいのか、ある程度年齢の高い主婦層に来てほしいのかなどによっても、配布の曜日が異なってきます。

何度も出てきますが自分のお店のコンセプトにあわせて、どんなお店にしたいのか、どんなお客様に来店して欲しいのかに沿って、チラシも作成するように気を配りましょう。

チラシの内容はどうしたら良いの?

何より、気を配る必要があるのは、どんな内容にしたらお客様が来てくれるかでしょう。

チラシの内容は自分がどんなお客様に来てほしいのか、と、自分の美容室はどんな事が強みなのかを考えて決めていきます。あなたは、自分がどんな技術に自信がありますか?どんなお客様に喜んでまた来ていただきたいと思いますか?その、アピールポイントを、チラシにも生かしましょう。

オープニングセールの割引ばかりを強調するより、どんなことが得意で、お客様にはどんな施術で喜んでほしいのかをしっかり考えたチラシにするのです。

安さだけを売りにする美容室にせず、本当に自分の技術を喜んで来てくれるお客様を顧客にしましょう。例えばあなたが、ショートカットが大変得意であるとか、セットが得意であるとか、ヘアカラーに自信があるとか、自分にできる事、得意なことを書きだしてみましょう。そこから、チラシのキャッチコピーを考えます。また、自分だけではなく、スタッフの得意な事、紹介なども行い、お客様が来店する期待感を高める工夫をしていきましょう。

チラシは、自分の美容室の特徴をアピールする大切な媒体です。自分の美容室の売りをよく見極め、オープン時に、お客様が来たくなるような内容を工夫して考えましょう。

美容室開業 参考記事

美容室の開業するための基礎知識は、下記のページに書いてあります。クリックして、お読みください。

当サイトを通じて、美容室の内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積りを受けることができます。
費用的に大きな割合を占める内装工事については、慎重に複数の業者を比較・検討して、自分の美容室開業に相応しい内装業者を選んでください。

あなたが本当に満足の出来る美容室が出来上がることを願っております。


詳細はこちらをクリック!


Tel:0120-56-7130