内装工事の基礎知識記事一覧

"美容室内装見積.com"は、あなたのご要望に最適な美容室の内装業者を紹介します。


詳細はこちらをクリック!


美容室内装費用の坪単価、検証してみた!
最初に、一般的な美容室の内装工事費用の坪単価について、説明します。 その後、当サイト(美容室内装見積.com)を通して、内装工事を行った案件についてのデータを元に坪単価を検証していきます。 美容室の内装費用の坪単価に...
美容室の内装工事費用を安くする方法とは?
美容室の内装工事費用を安くするには、いくつかの方法があります。3つ、ご紹介します。 美容機器を中古で揃える 後で、簡単に交換できる美容機器などは、最初は、中古で揃えてみましょう。または、韓国製などの外国製品が安い美容...
居抜き物件のメリットと知れられないデメリットとは?
居抜き物件のメリット 居抜き物件のメリットは、空調・ボイラーなどの店舗設備が、そのまま使用できるために、新規に美容室をオープンすることに比較して、費用的に安くオープンできます。勿論、そのまま使用できるので、すぐに、美...
美容室向きのいい物件を見つけた時には?
「美容室向きのいい物件!」を見つけても、すぐに、契約してはいけません。本当に、美容室に適しているのかを確認してから、慎重に契約してください。 美容室に必要な設備レベル 美容室に必要な設備のチェックは、以下の項目になり...
美容室開業資金のための融資について(日本政策金融公庫)
美容室を開業するのに必要な資金を借るのに、一般的な金融先は、日本政策金融公庫になります。また、融資にも、いくつかの種類があります。(2008年10月までは、国民生活金融公庫でした。現在は、国民生活金融公庫は解散し、日...
美容室の開業資金はいくらぐらい必要?
繁華街のビルにテナント入居し、20坪・5席の美容室を出店する際の必要な開業資金の例です。 おおざっぱな開業資金の例ですが、参考にしてください。この例では「設備工事費・什器備品費等」が内装工事費に相当します。920万円...
知っておきたい美容室の開業手続きとは?
美容室開業の法的な手続きには、保健所、税務署、区市町村などへの届け出が必要です。これは、美容師法などで、決められています。保健所へ 保健所は、美容室について、その営業者と施設の両方とも確認します。以下のようなことで、...
美容室兼住宅(自宅兼美容室)のメリットとデメリットとは?
美容室兼住宅(自宅兼美容室)について、お話しします。メリットとデメリット 美容室兼住宅(自宅兼美容室)のメリットとデメリットをあげます。 メリット 両方を立てるよりも、建設費がやすくなる 職場と住宅が近いので...
美容室の内装・外装のポイントとは?
美容室を開業する時に、大変重要なポイントに、内装や外装はどのようにするかが、あります。お店が入りにくい雰囲気だと、困りますし、内装に問題があると、居心地の悪いお店になってしまいます。費用も掛かり、一度工事を行うと、簡...
美容室のメニュー看板は集客に効果あり?
美容室の前に、施術メニューを記載した看板が置かれているのをよく見かけます。美容室の集客にこの看板の効果はどのくらいあるのでしょうか? ある美容室で、新規客に来店理由のアンケートを取ったところ、実に92%のお客様が、看...
一括発注と分離発注のメリットとデメリットとは?
美容室の内装を発注する場合、一括でデザインや工事を依頼する、一括発注と、それぞれを別々で発注する分離発注の二つの発注方法があります。一括発注にも、分離発注にも、それぞれにメリットやデメリットがあります。 ここでは、一...
店舗内装工事のトラブル、こんなことに気をつけよう
物件の契約も済み、いよいよ内装の工事に取り掛かった際に、思わぬトラブルに見舞われることがあります。では、いったい、どんなトラブルが発生する可能性があるのでしょうか? ここでは、工事のトラブルにはどのようなものがあるの...

edit